精液検査で現状がわかれば適切な不妊治療法を提案してもらえる

サイトマップ

聴診器

男性不妊治療において精液検査で調べられること

医師

WHOの不妊症原因調査では約半数において、男性側に原因があるという結果がでています。男性不妊の原因には性行為ができない、精子が通れない等がありますが最も多いのは精子を作る機能が低下している事です。検査はいくつかあり血液検査では男性ホルモンを調べます。次に尿検査によって染色体の異常がないかを確認できます。そして最も重要なのは精液検査です。妊娠しやすいのは運動率が高く形が良い精子と考えられており、検査では精子の数、運動率、形を調べることができます。2~7日の禁欲期間をとり、マスターベーションによって出た精液を容器に移し提出します。自宅での採取は時間の経過、温度の変化、紫外線などで影響がでたり、こぼれてしまったりする恐れがあるので、病院内での用意されたプライベートルームでの採取がほとんどです。精液検査の回数に決まりはありませんが、体調やコンディションにより10倍近くの数値の変動が起こると言われていますので、複数回の検査をおこなうことが推奨されています。その他にも検査には性機能や持病についての問診、視診、精巣の大きさ等を調べるための触診、精索静脈瘤の有無なども確認ができる超音波検査などがあります。もしかしてと思っている方は一度、男性の不妊治療専門クリニックに相談することをおすすめします。

Pick Up

医師

男性不妊治療において精液検査で調べられること

WHOの不妊症原因調査では約半数において、男性側に原因があるという結果がでています。男性不妊の…

二人の手

男性の不妊を発見するために精液検査をしよう

不妊治療が長期化する原因の一つとして、検査をしないまま女性だけが原因だと思い込んでしまうことが…

基礎体温表

男性不妊かどうかを知りたいなら精液検査が最初の一歩になる

男性不妊かどうか知りたいなら精液検査を受けることが最初の一歩になります。こう丸の診察や…

カウンセリング

男性不妊かもしれないと感じたら精液の検査から

避妊をしない状態で性交渉を繰り返しても、1年以上妊娠をしない状態が続けば、不妊症の可能性があり…

TOPへ